人気ブログランキング |

はち🐝








こんにちは
看護師の高橋です






最近の夜は涼しくて
風が心地よいですね177.png




自転車通勤なんですが
帰りの風が心地よくて
わざとゆっくり自転車を漕いで
帰ります。🚲



みなさんいかがお過ごしですか?



d0365027_19492074.jpeg





よく登場するあずきさんですが
先月で6歳になりました。
私が高校生の時におうちにきたあずきが
もう6歳だなんて149.png
時が経つのは早いですね





お誕生日とゆうことで。
プレゼントに蜂さんの夏用お洋服を。173.png
と、あずきが大好きなおやつをあげました。





このお洋服はメッシュ生地で
首元に小さなポッケがついていて
小さい保冷剤を入れることが
できます。177.png




d0365027_20002478.jpeg



d0365027_20010508.jpeg


あずきもおもちゃに見える。笑
可愛いですね157.png




これからどんどん
暑くなりますね





わんちゃん猫ちゃんの体調管理
気をつけながら
楽しい夏を迎えましょう!






読んでいただきありがとうございました




# by marimovet | 2019-06-05 19:42 | Comments(0)

庭の手入れ

こんにちは。


獣医師の伊藤です。










5月後半は暑い日が多かったですが、いかがおすごしでしょうか?











病院では先日、庭木のトリミングをしました。


風通しが良くなかったせいか、大量のアブラムシとてんとう虫がついてしまい、思い切って刈り込みました。






d0365027_15125255.jpeg


スッキリですね。












週をまたいで、花壇の手入れもしました。











d0365027_15125539.jpeg



去年植えた宿根草はまた花をつけてくれました。













今年は新たにラベンダーを植えました。



d0365027_15125761.jpeg










大きくなってくれるのが楽しみです。




























病院の中はというと、予防シーズンも終わり、昼間の暑い時間帯はだいぶ落ち着いてきました。














そこで、 またキャンペーンを実施します。








今回は「梅雨の検診キャンペーン」です。












内容としては例年の健康診断キャンペーンとなんら変わりはありません。

3種類の健康診断を、通常より割安のお値段で実施いたします。




d0365027_15124952.jpg




春にはフィラリアと狂犬病でほとんどのワンちゃんは一度は病院に来られる機会があったと思います。

その際に何か指摘があったとしても、秋口の検査のお知らせの頃には何が悪かったのか忘れてしまっている方もいるのではないでしょうか。









そこで、あえてこの時期に短期間で検診プランをすることで、ただなんとなく検診をするのではなく、必要な子をより確実に検診できるようにしたいと思い、こういった形での実施になりました。














心臓疾患のある子など、別途追加料金のかかる場合がございます。
また、健康診断は予約と、日中のお預かりが必要になります。












ご質問やご予約は、まず病院にお電話ください。
















それでは今回はこの辺で。















最後は春の武甲山で見かけたワンシーン。










d0365027_15280337.jpeg





必死さがすごいです。













d0365027_15305069.jpeg




それでは。









# by marimovet | 2019-06-01 15:36 | Comments(0)

去勢

こんにちは、こんばんは


もう真夏といっていいくらいの天気が続く今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。



僕は実家から夏服をまだ持ってこれてないので、長そでを渋々まだ着ています。


さて、前回避妊手術のお話をしたので今回は去勢手術についてのお話です。


去勢手術とは、精巣を摘出して生殖能力を失くす手術です。


メリット


精巣疾患の予防

精巣自体を摘出するので、精巣の病気はなくなります。

精巣の病気には、精巣炎、精巣腫瘍などがあります。



精巣ホルモンの関与する疾患の予防

前立腺肥大、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニアなどの病気では、去勢によりその発症率は低下します。

特に去勢していないワンちゃんに関しては、かなりの割合で前立腺肥大が起こるため予防しておくことは非常に大事です。



問題行動の改善

尿マーキング、マウンティング、攻撃行動などが軽減すると言われています。

ただしなくなるわけではなく、頻度が減るといった印象です。



デメリット

生涯子孫が残せなくなる

交配させることを後に考えている方は出来ません。



自然のままの姿ではない

美容整形などを嫌う日本の国民性もあるかと思いますが、これを理由にする方は結構いらっしゃいます。





肥満傾向になる

今まで通りご飯を与えているとかなりの割合で太ります。





手術にはリスクが伴う

全身麻酔の施術になるので、死亡を含めたリスクが伴います。

統計では健康なこの避妊手術による事故は2000頭に1頭の割合で起こるそうです。

人間が生涯で交通事故により亡くなる確率と同じくらいみたいです。



陰睾(潜在精巣)摘出手術

陰睾とは、陰嚢(玉袋)に精巣が降りてきていない状態を指します。

陰睾の子は、そうでない子と比べると精巣が腫瘍化しやすく、特に理由がなければ必ず摘出した方がよいです。



前回のお話も含めて避妊去勢のメリットデメリットはご理解いただけましたでしょうか?

分からないことがあれば気兼ねなくスタッフまで質問してください。



突然暑くなって、体調を崩しやすいと思いますが、しっかり水分補給をしてご自愛くださいませ


# by marimovet | 2019-05-29 13:33 | Comments(0)

予防は大切!



こんにちは、看護士の菅野です🍓



最近は、もお夏が来ちゃったのかと思わせるくらいの暑い日が続いてますね😨

皆さん、熱中症などには気をつけてくださいね!









ところで皆さんは、わんちゃんねこちゃんの予防などはお済みですか?

まだお済でない方は、病院でお待ちしています(=゚ω゚)ノ






フィラリア、ノミ・ダニ予防をしておいた方がいいのか相談されることがあります。

もちろん、予防をしておいた方がいいです!😳






わんちゃんにとって怖いのが、ノミダニがついてしまい吸血されたり、痒くなったりすることだけでなく、それぞれの虫が媒介する寄生虫や細菌、ウイルスです⚠️


ノミの場合は、激しいかゆみ、皮膚炎や感染症になってしまうこともあります。


ダニの場合は、痛みやかゆみなどがないため、気づくのが遅れて、バベシア症という感染症に発展してしまうことも…∑(´□`;)


d0365027_23025495.jpg












フィラリアの場合、
蚊がフィラリアに感染したわんちゃんからフィラリアの幼虫を運んできます。

感染したわんちゃんに吸血した蚊が他のわんちゃんに吸血することでフィラリアに感染します。



d0365027_23044486.jpg



フィラリアは、蚊を介して犬の心臓や肺動脈に寄生する寄生虫が起こす病気です。

成虫になると30㎝にもなる糸状の寄生虫で、寄生することで血液の流れが悪くなり、さまざまな障害が起こります💦


放置してしまうと、最悪なケースに至ることもあります(´;ω;`)












どちらもとても怖いですし、可愛がってる家族のわんちゃんねこちゃんが可哀想ですよね。゚(´つω・`。)゚。





なので、予防してあげることがとても大事なのです!!!









お外で遊んだり、キャンプや旅行によく出かけるアウトドア派の子なら特に予防をおすすめします!\_(・ω・`)

また、お家にずっといるインドア派の子でも、一歩外に出たら蚊やノミ・ダニがいつでもチャンスを伺っているかもしれません😨💦(少し大袈裟😅)






予防におすすめな期間は、
4月〜11月末くらいの暖かい時期をまりも動物病院ではおすすめをしています((⊂(*°ω°*)⊃))




まりも動物病院のドクターおすすめのお薬は、
ネクスガードスペクトラというおやつタイプのお薬です!


d0365027_23175517.jpg



フィラリア、ノミ・ダニはもちろん、
お腹の虫さんにも効果があるお薬です!
(残念ながらねこちゃんには使えません😢)


おやつタイプなので、わんちゃんも喜んでくれる子が多いみたいですヽ(*^ω^*)ノ




ねこちゃんのお薬に関しては、ドクターに相談をしてみて下さい!










予防といえば、予防接種も同じです!

混合ワクチン、狂犬病ワクチンもとても大切な予防になります\_(・ω・`)



ワクチンを希望の方は、できるだけ午前中の来院をお願いいたします。


万が一、夕方にワクチンを打って、ワクチン反応が出てしまった時に、対応が遅れてしまったり、時間によっては対応できかねる場合もあるので、午前中に来ていただいて1日安静に様子をみていただくのが一番いいかと思います!







予防に関して、何か不安なことだったりわからないことがあれば、いつでもご相談ください(。・ω・)ゞ


その他なんでも、ご相談くださいね!











最後まで読んでいただき、ありがとうございます!



良い週末をお過ごしください😊


看護士  菅野


# by marimovet | 2019-05-25 08:19 | Comments(0)

こんにちは、田辺です。


もう5月も後半で、今年半分終わっちゃいます。早いですね😢



この時期いっぱいの子の診察に入らせていただいて不思議に思った事があります。

診察に限ったことではないんですが、この子達(ワンちゃん、ネコチャン)はどうして人の言ってることが分かるのか?とゆうことです。

自分達が言ってることが100%分かってるとは思いませんが、
何となくでも分かってくれることが不思議だな~と思います。
もちろん飼い主さんの言葉はもっと理解してると思いますが、診察でたかが10分程度しか関わらないのに「体温測るよ~」って言うとちゃんとグッ🤬と我慢してるんです!
言わないと嫌がる。凄くないですか?✨✨


検査もそうです。レントゲンってどうやって撮ってるの?と言う質問をたまに受けますが、横になったり仰向けになって撮ってます。

その時も「上向くよーとかゴロンするよー」とか言うとちゃんと向いてくれるんです✨✨


痛いことしても言ったときの方が我慢してくれてます。
私だったら訳分からないから絶対抵抗するだろうし、攻撃しちゃうかもしれない💦(せらがきさんや高橋さんはグッ!と我慢してそうですよね😅)

わんちゃん猫ちゃんは凄いですね✨尊敬します!


あの子達は一生懸命こっちの言葉を理解しようとしているのに私達はどれほど解ってあげれているのでしょうか?

ずっと鳴いてる子とか何を言っているのか解ってあげれたらいいなと思います。

d0365027_00124323.jpg

d0365027_00130436.jpg



# by marimovet | 2019-05-18 19:57 | Comments(0)