人気ブログランキング |

のみ・だに

こんにちは。春到来ですね!

暖かくて良い気候になってきたと思います。


さて、今回はノミダニについてお話したいと思います。



<ノミ・ダニ>

ず、ノミです。



d0365027_22123258.jpg

この子達は吸血によって動物に痒みやアレルギーを引き起こすことがあります。



次は、ダニです



d0365027_22135200.jpg

この子達も吸血をして動物に害を与えることがあります。

最近では重症熱性血小板減少症(SFTS)が話題になっていたりします。




<ノミ・ダニの薬>


ノミ・ダニに有効な薬があるので、一部ご紹介します。




・滴下するタイプ


 マイフリーガード(α)


 レボリューション



・食べるタイプ


 ネクスガード(スペクトラ)


 パノラミス


 コンフォティス




滴下するタイプはその部位から皮膚全体に広がりノミ・ダニをやっつけます。投与しやすいですが、滴下した後すぐにその部位を触ったりシャンプーしたりはできません。



食べるタイプはその成分が体内を巡りノミ・ダニをやっつけます。良く食べてくれる子には良いですが、お薬を上手く飲めない子には向きません。



<オススメは?>


 人気があるのはおやつタイプのネクスガードスペクトラです。これは美味しいらしく、良く食べてくれます。またノミ・ダニだけでなく、フィラリアも予防することができる優れものです。他にも回虫、鉤虫、鞭虫などもやっつけてくれます。


d0365027_22135913.jpg

痒そうにしてたり、何か変な様子が無いか見てあげて、健康な毎日を送って頂けたら幸いであります。



                                        小沼





by marimovet | 2018-03-28 22:23 | Comments(0)

桜🌸

春ですね~。桜が満開です🌸 こんにちは、田辺です。
皆さんはお花見しましたか?まりもでは25日にお花見してきました🌸🍺🌸

みんなで手際よく仕事を終わらせお酒と食べ物をわんさか買い込んでやんややんやと騒いできました🎶やはりお酒が入ると楽しいですね✨✨
1番やんや言ってたのは看護士ですかね~😝
院長も先生も負けてませんでしたが看護士のみなさん盛り上げます⤴️⤴️
こうゆう場で出る話題って絶対昔話ですよね😄でもそれがめちゃくちゃ楽しい🎵🎵何度話しても楽しい🎵なんでなんでしょうね??
そしていじられ役はいつも院長です。あ、これはみんなの愛があってのいじりですよ! あ~楽し(*^▽^)/★*☆♪




でも桜を見るのはやはり昼間ですよね💦寒かったです。


残念ながら写真が1枚も無くて(撮っても何も分からないくらい暗かったので…)楽しかった雰囲気をお伝えできなくてすみません。
でも桜だけは撮ったので桜の凄さだけでもお伝えできればいいなと思います。





d0365027_23001268.jpg



どうですか?伝わりますか??✨✨








そしてもうすぐ4月です。今週でめちゃイケが終わってしまいます( TДT)

15年も見てると本当に寂しい(T_T)
友達からの勧めで見始めたんですが、いつのまにか私の方がハマってました。


仕事上タイムリーでは見れないので撮って後で見るんですが、見るたびに号泣してます。本当に号泣です😭😭😭💦
最終回が放送された後私の目が尋常じゃなく腫れてたら見たんだなと察してください(。´Д⊂)



見たことないなって方がいらっしゃいましたら最後|д゚)チラッとでも見てみてください。きっと、多分泣いちゃいますよ(ToT)


by marimovet | 2018-03-26 22:34 | Comments(0)

迷い犬のお知らせです




こんにちは

今朝、8時半ごろ
まりも動物病院近くのラーメン屋花月付近にて
迷い犬を保護しました。


d0365027_13313254.jpeg


d0365027_13315145.jpeg


d0365027_13321690.jpeg

d0365027_13324334.jpeg


◯ポメラニアン
◯黒
◯未避妊メス(おそらく)
◯8.8kg
◯推定8〜10歳

えんじ色でチェックの洋服を着ています。


現在まりも動物病院でお預かりしています
どんな情報でもかまわないので
心当たりのある方はご連絡ください
よろしくお願い致します

042-467-6211




by marimovet | 2018-03-26 13:25 | Comments(0)

こんにちは。

獣医師の伊藤です。



今日は暖かいですね!

桜の開花も一気に進みそうです。





d0365027_15441692.jpeg
病院のチューリップもあと少しだそうです。





さて、昨日朝、患者様にフィラリア、ノミダニ予防と春の検診キャンペーンのおはがきを送らせていただきました。


d0365027_15450878.jpg
d0365027_15441253.jpg



フィラリア、狂犬病は先日の小沼先生と神崎先生の記事にゆずることとして、今日は健診のご紹介をします。









今回の検診は2種類です◎


①予防と同時に。かんたん血液検査プラン(仮)






②この際しっかり。がっつり全身検査プラン(仮)です。







①のプランは、フィラリアの検査の採血と一緒に血液検査もしてしまおう、というプランです。
外の検査センターに検体を送るため、一週間ほどお時間を頂きますが、院内での検査の半分近くの金額で血液検査を行うことができます。

血液検査はいろんな病気を見つけるきっかけになるので、全年齢の子にお勧めです。
金額は¥4500(診察料別)になります。








②のプランは、問診、身体検査、糞便検査、尿検査、超音波検査(心臓、腹部)、レントゲン、血圧測定と、全身の検査を行うプランです。


狂犬病やフィラリア検査で久しぶりに病院に来た子は、身体検査でいろんな異常が見つかります。
そんな子にお勧めなのがこのプランです。


身体検査だけでは病気の兆候しかわからないことが多いので、しっかりと検査をすることで診断に近づけることができます。






特に心雑音などは、高齢の小型犬の子は指摘を受けた子もおおいのではないでしょうか?

心臓の病気は放っておくと突然死や肺水腫(突然呼吸がくるしくてたまらなくなる!)のリスクもあるので、うちの子は指摘されたことがあるな…という方はこの際に是非検査してみましょう。


金額は、診察料込みで¥15000です。


普段は18000円~となるため、大分お得に検査ができます。

こちらは予約が必要となるため、ご希望の方はあらかじめご連絡ください。








予防のシーズンには普段健康な子にも久しぶりに会えるので、今から楽しみにしています。

お待ちしています。




最後は大学時代に構内で見つけた玉蟲の写真を一枚。

d0365027_18195623.jpg
東京では全然見かけなくてさみしいです。
今年は会えますように。


それでは。



                                      伊藤




by marimovet | 2018-03-24 19:29 | Comments(0)

草津熱帯圏




こんにちは!看護士の柳澤です177.png

最近やっとあったかくなってきて花粉に苦しめられながらも

春が来たなぁ、そろそろお花見かな110.png162.png

…なんて思っていたら急にすごく雪ですね(´-ω-`)

d0365027_11465407.jpg


お外にいる彼がとても寒そうです。。。


d0365027_11475466.jpg


ニュースで「来週あたり桜が満開」だといっていたので
散らないかが心配ですね(´・ω・`)163.png






さて、
今回は先月に遊びに行った草津の熱帯園のお話をしようかと思います178.png

蛇やら蛙やら爬虫類が苦手な方は閲覧にご注意ください(>_<)



d0365027_15171884.jpg
草津の温泉街のちょっと奥の方にあるこの熱帯園


なかなかいろんな動物さんが暮らしていました。


d0365027_15292514.jpg

入ったすぐ下でワニさんがお迎えしてくれます!

まったく何も知らずに入ったのでちょっとビビりました(笑)





園内はドーム型になっていて、順路も決まっているので余すことなく見れます125.png169.png

d0365027_15343115.jpg
ワニの他にもおおきいワニガメさんもいらっしゃいました(*^▽^*)
とりあえずおっきい!
かっこいい!






お次はこちらのグリーンイグアナさん
d0365027_15384355.jpg



じつはこのお隣にとてもイケメンなトカゲ?さんがいらっしゃいまして…!!


d0365027_15410513.jpg

「なにこのイケメン!!!!!!!!」

と大騒ぎして写真を撮りまくっていたところ、
グリーンイグアナさんが

「え、俺は?
ねえねえ、お・れ・は?」

といっていたので仕方なく撮ってあげたので
彼、カメラ目線だけど不満気な1枚なのです(笑)


かわいいやつめ(笑)(笑)(笑)



d0365027_15360719.jpg
ちょっと苦手な人もいそうなオビタイガーサラマンダーさん


近年では飼育されている方もいらっしゃるそうで
検索したらかわいらしいお写真がたくさんあがっていました151.png151.png151.png


ちょっと癖になる魅力の持ち主なのかもしれませんね112.png179.png




d0365027_15560857.jpg
パイソンさんも住んでらっしゃった!

基本的に動物園などにいるヘビさんは
丸まってたり隅っこにいたりしてお顔が見れないことが多々あるんですが
この子は偶然にもこちらを向いてくれました…113.png162.png




さて、爬虫類コーナーをもちょっと進むと
今度は温泉(なのかはわからないけど)に入っているカピバラさんが登場。
d0365027_16011243.jpg


このカピバラさんたちには餌付けもさせてもらえました(#^.^#)

とてももしゃもしゃされてて、
わたしは楽しみすぎてて、肝心の餌付けしている写真を撮り逃しました(笑)


次はおサルさんです!
かわいらしい小さなヨザルさん178.png

d0365027_16073440.jpg
このヨザルさん、
くりくりとした大きいお目目と
(この写真だと分からないですが)ながーい尻尾が特徴的で、
夫婦になるとずっとその夫婦で過ごす珍しい子たちなんだそうです。



私はヨザルさんだと偶然ツイッターで拝見した
岩手サファリパークのヒナちゃんという子がとても可愛くて可愛くて
いつか会いたいと思っています103.png162.png

d0365027_16202723.jpg




次は有名どころのエリマキキツネザルのチェイミーちゃん(=゚ω゚)ノ169.png

d0365027_16084552.jpg
この日は奥の方にいたので無理でしたが
とても優しい子で撫でさせてくれるそうなんです!!!

この熱帯園の癒し系女子だそうです112.png162.png

次の機会があればぜひ触らせていただきたいものです(*'ω'*)








…ん?


d0365027_17310807.jpg


68年生まれ?!

とてもご長寿!!!!

一体どんなおじいちゃんが・・・・・




d0365027_17332270.jpg




おじいちゃーーーーーーーーーーん!!!!!!!叫 焦









50歳のご長寿あいくおじいちゃん、
体育座りで眠っているだけでした(笑)

びっくりしたー(笑)


いつか起きてる時にお会いしましょう末永くお達者で(*´ω`)ノ”””






そんなたのしい熱帯園、
今日ご紹介したのはほんの一部にすぎません(*´з`)


ほかにもアリクイさんやタランチュラ、スッポン、ペリカンやナマケモノなど
たくさんの子たちが過ごしているので
草津に行かれた際は覗いてみてはいかがでしょうか!


きっと好きな人はすきなはず!!


d0365027_17411162.jpg



それでは174.png




by marimovet | 2018-03-21 17:44 | Comments(0)


こんにちは!
看護士のせらがきです。


突然ですが、そうなんです!!


ピラルクが、いないんですよ!!!




どこの話かと申しますと、
池袋のサンシャイン水族館のことです!!

※ネタバレにはなってしまいますが、
ピラルクを楽しみに行こうとしている方は
この現実を受け止めなくてはなりません(´;ω;`)



そもそも ピラルクとは??


d0365027_22021361.jpg



ピラルクは、世界最大級の淡水魚の1つに数えられ、
その大きさは3メートル以上にもなります。
進化において一億年間
ほとんど姿が変わっていないと考えられ、
「生きた化石」とも言われてる
魅力的なお魚なのです。


d0365027_22045251.jpg



このピラルクが大好きなのですが、
それを楽しみにリニューアルした
サンシャイン水族館に行ったところ、

な、なんと

いませんでした、、!!( ̄□ ̄;)!!



新座出身のピラルクが
いるはずだったのに、、(つд;*)




そして、

田辺さんとはピラルク仲間なのですが、(笑)

サンシャイン水族館に
いなかったことが衝撃的すぎて、、


その足で中目黒のとあるバーへ。(笑)



そうです!

ピラルクがいるのです\(^o^)/!!


d0365027_22061864.jpg


店内の奥にある立派な水槽で
悠々と泳ぐピラルクを眺めながら
お酒が飲めます!


d0365027_22074983.jpg


d0365027_22082339.jpg


d0365027_22084929.jpg



あー(*^.^*)癒される


かわいい~撫でたい~抱っこしたい~(笑)



d0365027_22102810.jpg



ピラルクばっかり撮ってます(笑)




みなさまもよかったらぜひ!!





d0365027_22161653.jpg


↑これは東京タワーの水族館にいた
ピラルクの赤ちゃんです(^◇^)

大きくなーれ(^◇^)





ピラルクばっかりですみません!!(笑)


こあらとみかんの写真も
載せておきます🎵🎵(笑)




d0365027_22174401.jpg



ピラルク好きな方
おしゃべりしましょう!!

せらがきでした!




by marimovet | 2018-03-18 21:37 | Comments(0)

3月14日





こんにちは173.png
前回はバレンタインデーに
今回はホワイトデーに投稿です
高橋です





今日はすごくあったかいですね
天気もいいので
散歩嫌いなあずきも
るんるんでお散歩行ってくれました!
桜が咲くのも待ち遠しいです171.png





そして今日はまた今回も
妹の話になってしまいますが...
今日あずきの散歩から帰ってきた時に
家のポストにかわいい紙袋が刺さっていました。
妹の友達がバレンタインデーのお返しをわざわざ家まで届けに来てくれたのに
妹は爆睡。107.png



届いてたよとその紙袋を寝ぼけてる妹に渡すと
大事そうに握りしめて
また寝てました。




あずきが食べたら嫌なので
すぐ取り上げました。




d0365027_19023552.jpeg




これは妹が階段のすぐそばでお昼寝してて
おもしろすぎて撮りました。笑





そんな今日、ホワイトデーに
お父さんからバレンタインデーのお返しがありました
なんと、水羊羹ときなこプリン
素敵すぎます。
前回お話させていただいたんですが
ホワイトデーがある国は少ないんです
ある国でよかった〜169.png
今日と明日で食べようと思います。111.png




最後にあずきの事も話させてください

d0365027_14010920.jpeg


d0365027_14063837.jpeg


最近あずきにサコッシュを買いました
中にはうんち袋が入っていて
お散歩はサコッシュをつけて行きます
可愛い113.png



以上です。笑




ホワイトデー
みなさん何をもらいましたか?
気になります。笑
読んでいただきありがとうございました
素敵な1日を。


by marimovet | 2018-03-13 18:49 | Comments(0)

カワイイ★いただきもの



昨日、患者さまから
かわいいお菓子をいただきました♪♪


d0365027_18065929.jpg

d0365027_18063465.jpg

わんちゃん・ねこちゃんのイラストが
カワイすぎる!!と、
院内が騒然としました!!(笑)


しかもそれぞれ、味がかわっていて
抹茶やチョコの他に、
名前だけでオシャレなフランボワーズ味や
キウイや柚子などもありました!


イラストを見ながら、
『これは○○ちゃんに似てるね~(>▽<)』
などと盛り上がり、
もったいないなと思いながら
みんなで美味しくいただきました(#^.^#)♪♪



ありがとうございました★☆⌒♪”




by marimovet | 2018-03-12 18:16 | Comments(0)

椎間板ヘルニアのはなし

こんにちは。

獣医師の伊藤です。

だいぶ暖かい日が増えてきましたね。

前回のブログでお話しした、花壇のチューリップも芽が出てきました。


d0365027_19225565.jpeg



まだでたばかりなのに、もうつぼみが見えています。





さて、今日は椎間板ヘルニアの患者さんを紹介します。

みなさん椎間板ヘルニアという病気はきっとご存知のことと思います。

ダックスやビーグルに多く、発症すると足腰が痛んだり、ひどい時には麻痺してしまうアノ病気です。



人もワンちゃんも、脊髄神経は脊椎という背骨の中を通っています。

それぞれの椎骨の間でクッションの役割を果たしているのが「椎間板」です。

d0365027_20052278.jpg
ファームプレス出版:犬の診療のためのインフォームドコンセントアトラスより


この椎間板や、椎間板の含まれる物質(髄核)が何かの拍子に脊髄神経側に飛び出し、神経を圧迫することで椎間板ヘルニアは発症します。



ヘルニアはもともと「臓器などの構造が、本来あるべきところから逸脱した状態」を示す言葉なので、脊髄と椎間板の位置関係がわかればなせ椎間板ヘルニアで麻痺が起こるのかも理解できると思います。



椎間板ヘルニアの多くが腰のヘルニアで、その場合は後肢のみ麻痺が生じます。




ところが時折首でもヘルニアが起こることがあり、これが起こると大変。

前肢も麻痺してしまい、首から先しか動かなくなってしまいます。





今日紹介するダックスの雄太くんも、去年の秋頃に首の椎間板ヘルニアをしてしまいました。

来院された時は四肢麻痺で、首の痛みも強く目と口以外はほとんど動かせないような状況でした。


d0365027_20053391.png







すぐにMRIを撮影してもらうと、やはり椎間板物質によって首の神経が重度に圧迫されていました。









d0365027_19225563.jpeg

C4-5の矢印がさしているのが椎間板で、黄色矢印の脊髄神経を圧迫しています。


うなると早期の手術が必要です。










すぐに首の骨をおなか側から削り、圧迫している椎間板を除去する手術を行いました。

d0365027_19225548.jpeg

術後のレントゲンです。

この穴の開いた部分から神経を圧迫している物質をとりにぞきました。










術後は次の日から足を引っ張れば動かし始めるようになってきました。

d0365027_20053266.png















それからスタッフみんなで毎日リハビリを行い、1週間後には匍匐前進ができるようになってきました。

d0365027_20053274.png













そしてさらに1週間で後ろ足も踏ん張りが聞くようになりました。

こうなればもう安心です。おうちに帰ってリハビリをしてもらうことにしました。






久々の再診の時はご覧の通り。

d0365027_20053233.png

ぴょんぴょん跳ねていました。





治ってよかったね!



雄太くんはとても良い回復を見せてくれましたが、同じように手術を行っても神経損傷の程度によっては麻痺が残る子もいます。


発症してしまったら、早期の対応が一番です。



あれ?と思ったら早めにいらしてくださいね。






ダックスは軟骨異栄養性犬種という、ヘルニアを起こしやすい犬種のひとつです。あの短足の可愛い体型を作り出す結果、骨の代謝に異常をきたしてしまっているのです。これはペキニーズなども同じです。



特殊な体型の子は、とても可愛いですが、その品種が維持されることで起こってしまう病気もあることを忘れてはいけません。


こういった子と暮らしている場合は、お家の環境を整えたり、抱き方を工夫することで少しでも発症のリスクを減らす必要があります。




その方法を少し紹介します。




まずはだき方です。

抱っこする際は背骨に負担がかからないように、普段の姿勢と同じように抱いてあげるのが正しいだき方です。

d0365027_19225516.jpeg




逆によくやってしまいがちだけどNGなのがこのだき方。


d0365027_19225582.jpeg

肩にも背骨にも負担がかかると言われています。

高い高いをしたくなるだき方ですが、あまりおすすめはできません。



環境面では何よりもまず滑らない環境を整えてあげてください。

フローリングでするっといってしまうことは、かなりの負担になります。




そして

長毛種の子は必ず肉球の間の毛をトリミングしてください。



これだけでも滑った拍子にヘルニアがおこってしまうリスクを大きく減らすことができます。






そして最後は段差の上り下りはできるだけ控えることです。

階段やソファをぴょんぴょんしている子を見ると、いつ腰や骨をやってしまうかとヒヤヒヤします。





このように、少しの気遣いでも椎間板ヘルニアのリスクは大きく減らすことができるのです。



皆さんも、ぜひ実践してみてください。

いや、特にダックスやペキニーズなどを飼っているかたは絶対実践してください。









最後は、ボルネオで撮ったお気に入りの一枚を。

サソリは夜ブラックライトを当てると光るんです。

d0365027_19265201.jpg

覚えておくと役に立つかもしれません。

それではまた。




              獣医師 伊藤


by marimovet | 2018-03-09 20:21 | Comments(0)

狂犬病

4月から来年度の狂犬病予防接種が始まりますが、狂犬病ってご存知でしょうか?

ワンちゃんを飼っている方なら当然知っている病名だと思います.狂犬病が日本人に知れ渡っているのは、その病気自体よりワクチンを毎年接種する義務の方だと思いますが、じゃあ狂犬病ってどんな病気?って言われると意外と知らないことも多いと思います.

今回は、そんな狂犬病のお話です.

d0365027_07235713.jpg


まず狂犬病というのは漢字からして犬がかかる病気と思われがちですが、人、猫、キツネ、あらいぐま、スカンク、コウモリなども感染します.ですが人への感染源となるのは、99%犬と言われているため日本では狂犬病予防ワクチン接種を義務化しているわけです.しかし日本で人間が義務化されているワクチンは存在しません(1.

不思議な話ですが、これにはちゃんと理由があります.それは狂犬病の危険性です.

エボラ、炭疽、天然痘、マールブルグ出血熱、いずれもどこかで聞いたことあるような危険な感染症ですが、発症後致死率は高くても80%程度、一方狂犬病は発症した場合99.9999%死亡します.狂犬病によって毎年5万人近く亡くなられる方がいて、そのうち一人も助からないことがほとんどです.驚異的な回復力によって、まれに助かる方もおられますが、現時点では確立した治療法はなく、本人の回復力に頼るところが多くあります.ただし、感染後に血清を打つこと(暴露後接種)によって発症を迎えずに助かる方はかなりの方がおられます(2.

日本には1957年以降、狂犬病の国内感染例はおらず(海外で感染して日本で亡くなった方はいます)WHOに清浄国だと認められております.ですが、去年のヒアリしかり、完全に防疫することは不可能です.

d0365027_07251356.gif

仮に、狂犬病が日本に入ったとしましょう.ほとんどの狂犬病未接種犬の方は、急いで狂犬病予防ワクチンを打とうとすると思います.もちろん人間も同じように狂犬病予防ワクチンを打とうと考えると思います.日本から狂犬病予防ワクチンが瞬時に枯渇してしまいます.ですが、狂犬病予防ワクチンをワンちゃんに打てていれば、そんなに慌てる必要もありません.狂犬病発生時、狂犬病感染を疑われて、診断されたワンちゃんは強制的に隔離され、最悪の場合ご家族の同意なしに、かなりきつい言葉ですが、問答無用に殺処分されます(3.


d0365027_19375667.jpg

獣医を国家資格たらしめる大きな要因のうちの一つは、狂犬病を第一線で予防できる職業であるからと勝手に思っています.日本に長い間入っていないからとか、友達は打っていないとか、獣医の利権の確立だとか、ネットにはいろいろ論じられていますが、それでも狂犬病予防は自分自身をひいては大事なペットを守るのに(大事なペットをひいては自分自身を守るのに)非常に重要なことだと思っています.

そんなわけで、今回は狂犬病予防ワクチンを接種するのは意味がしっかりあることですよと言ってきたのですが、日本は狂犬病清浄国ということもあり、非清浄国と比べると法律が緩和されています.ワクチンを打つことによってワンちゃんに大ダメージを与えてしまうことが予想されるとき狂犬病予防接種の猶予措置をとることができます.うちの子大丈夫?と心配な方は、病院の先生に遠慮なくお尋ねください(4.

今回は、狂犬病予防接種の重要さについてお話しましたが、症状などその他のことについては説明してません.厚生労働省がその辺のことを詳しくホームページで紹介していますので興味のある方はぜひ見てみてください(5.

長文、乱文、駄文失礼しました.

                          まりも動物病院 獣医師 神崎 智春

参考文献

1)東京都福祉保健局

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kansen/yobousesshu.html


2)厚生労働局検疫所FORTH海外で健康に過ごすために

http://www.forth.go.jp/useful/infectious/name/name47.html


3)狂犬病予防法

http://www.houko.com/00/01/S25/247.HTM

第三章 狂犬病発生時の措置

(届出業務)

第八条 狂犬病にかかつた犬等若しくは狂犬病にかかつた疑いのある犬等又はこれらの犬等にかまれた犬等については、これを診断し、又はその死体を検案した獣医師は、厚生労働省令の定めるところにより、直ちに、その犬等の所在地を管轄する保健所長にその旨を届け出なければならない.ただし、獣医師の診断又は検案を受けない場合においては、その犬等の所有者がこれをしなければならない.

2 保健所長は、前項の届出があつたときは、政令の定めるところにより、直ちに、その旨を都道府県知事に報告しなければならない.

3 都道府県知事は、前項の報告を受けたときは、厚生労働大臣に報告し、且つ、隣接都道府県知事に通報しなければならない.

隔離義務)

第九条 前条第一項の犬等を診断した獣医師又はその所有者は、直ちに、その犬等を隔離しなければならない.ただし、人命に危険があつて緊急やむを得ないときは、殺すことを妨げない.

2 予防員は、前項の隔離について必要な指示をすることができる.

4)狂犬病集合予防注射実施のためのガイドライン

注射不適当犬及び注射要注意犬

http://www.tvma.or.jp/activities/pdf/guideline.pdf#search=%27%E7%8B%82%E7%8A%AC%E7%97%85+%E7%8C%B6%E4%BA%88%E6%8E%AA%E7%BD%AE%27


5http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/


by marimovet | 2018-03-06 19:52 | Comments(0)