人気ブログランキング |

井の頭公園



こんにちは

獣医師の伊藤です。









いよいよ春が来ましたね!

病院もフィラリアと狂犬病モードになり慌ただしくなって来ました。















さて、今日は自分は休みなので、春を満喫しに井の頭公園にいって来ました。







少し早いですが、桜がだいぶ咲き始めていました。







d0365027_13490646.jpeg












まだこぶしの花も見られます。



d0365027_13491320.jpeg











園内には、桜やこぶし以外にも、蝋梅やユキヤナギなど様々な花が咲いていました。












これはなんでしょう?

とてもいい匂いがしました。




帰ってからUekipediaで調べてみると、ミツマタという木だそうです。

沈丁花の仲間とのこと。そりゃいい匂いなわけだ!


よくみると枝分かれのところが三又になっています。


ちなみに、日本のお札はこの木から作られている(いた?)そうです。

実はすごい木でした。笑














園内を歩いていると、「かいぼり」についての看板を見つけました。




d0365027_14024429.jpeg




みなさんかいぼりってご存知ですか?




最近テレビでよくやっている、池の水を全部抜いちゃう、アレです。




かいぼりの目的は二つあります。

①まずは水質の改善。

池の水を抜き、一度そこの土を干すことで水質の改善につながるそうです。


確かに昔より透き通っているような!?









②そしてもう一つは在来種の保護。

近年池の中にはブルーギルなどの外来魚が増え過ぎてしまい、池に古くから住んでいた生き物たちが姿を消していたそうです。



池の水を抜き、生き物を外来種と在来種に仕分けし、在来種のみを池に戻すことで種の保全を目指します。

看板によると、ここ数年のうちに3回のかいぼりを行い、その成果として多くの生き物たちが戻って来たとのことでした。






確かに、池にはたくさん鳥がいました。




d0365027_14024141.jpeg


カモたちがたくさん。


カルガモとキンクロハジロと・・ 奥のはなんでしょう?


キンクロハジロは冬鳥なので、もうすぐ見られなくなってしまいます。


















鵜も池で羽を休めていました。





他にもちょっと歩くだけで多くの生き物に出会えました。



この調子でもっと生き物たちが増えてくれるといいですね。





















明るい話題の一方で、最近は沖縄のジュゴンが死んで見つかったという悲しいニュースも聞きました。








沖縄本島周辺ではかつて多くのジュゴンがいましたが、乱獲により減少し、近年では3頭が確認されるのみになっていたそうです。


残りの2頭も近年生存が確認されていないそうです。



基地の移設に伴う環境破壊の影響が関与しているとの指摘もあります。

この手の話題は政治的にとてもシビアな話題なので迂闊に文章にはできませんが。。








人は力があるので、生き物の住む環境を良くすることも、破壊することもできるんですね。












犬や猫は野生動物とは違いますが、日頃同じ動物に関わる人間として、少しでも何かできないかと考えた一日でした。













最後に、本日の一枚を。

d0365027_14253462.png

インドにいた、ワニを見つめる鵜の図です。

さて、この中にワニは何頭写っているでしょう?




それでは。


by marimovet | 2019-03-25 14:32 | Comments(0)